小島やよいのアートママ奮戦記

« 上書きしたくない! | home | A to Z 開幕! <レビュー編> »

奈良美智+graf A to Z 開幕! <道中&RQ編>

行ってきました、RQ連れてオープニング。
羽田発青森便は、弘前を目指す人でいっぱい!
って、オーバーじゃなくほんとに知ってる人がたくさん乗っていた。

「ひこうきにのるよ」と言うと、前の晩から玄関にすわりこみ、出かけようとしていたRQ。


朝のラッシュ時間にかかってしまい、左手にRQ、
右手に荷物とたたんだバギーを抱え、汗だくで立つこと25分、
浜松町までの電車は相当きつかったけど、
RQがおとなしくしていてくれたので助かった。
降りる時、横に立っていた人に「バイバイ」と手を振る。
モノレールは思ったほど喜ばず。
そして飛行機も、あまりにも大きすぎて、
いつもおもちゃや絵で見ている、あの飛行機の本物に、今乗っている!
という実感がないのかもしれない。
離陸の時、耳が痛くなって泣かないように、キャンディをあげたら、
たちまちガリガリッと噛んで「もっかい!」の繰り返し。
5つも食べてしまった…
機内では、おもちゃをもらったり、リンゴジュースを飲んだり、
絵本を読んだりしてなんとかもちこたえ…ていたが、
1時間近くになるとやはり「あっち!あっち!」と
歩き回りたくなったらしく、ぐずる。
それをなんとかだましだまし、でやっと青森空港到着。

空港からバスに乗り、弘前へ。
車窓から見える景色は、いつも東京で見る景色と違う。
とは、RQも思っているみたい。
田んぼがきれい。
「ほら、たんぼだよ」と言うと
「たんぼ、たんぼ」。
そして山のほうを指差して「やま!くも!」
と言うのでおどろいた。

よくわかったね!
そう、今ブームなのがNHKの幼児番組「いないいないばあっ!」
の中で歌われる『はじめてはじめて』という歌で、
「山、川、雲、朝日、田んぼ、小鳥」と私と掛け合いで歌い続ける。
サビの「イェーイイェーイ、初めて見るもの なぁんだ、ンバンバンバ」も得意。
そうだねー、初めて見るものは素敵だね。

さてバスからタクシーに乗り継ぎ、A to Zの会場、
吉井酒造煉瓦倉庫へ。
AtoZエントランス.jpg

午後1時にドアオープン!
大勢の人の熱気に押され、RQを抱いて中に入ることが
どうしてもできない。
あれ?RQのパパは?
まだ、中で仕事をしていました…。
会場前には芝生の庭や、ラベンダーのお花畑があり、
RQはそっちで走り回りたくてしょうがない。
やっと出てきたパパ。
なんとか2時開始の記者会見に出席する…が、途中で「ママー!」
あれ?パパは?フォトセッション、撮らなくちゃ…
しかたなく片手でRQを抱っこしたままカメラを構え、撮影。
周囲の人にウケてしまった。

展覧会は早く見たいけど、でもRQ、お腹がすいているはず。
腹減ったと言うRQパパにお弁当を買ってきてもらい、
テラスで3人で昼食。「ごはん!うなぎ!さかな!」と
上機嫌のRQ。リンゴジュースもゴクゴク。
そうそう、さすがリンゴの産地で、
おいしいリンゴジュースには事欠かない。
青森県滞在中の3日間に、いったいRQは何CCのリンゴジュースを
飲み干しただろう!?と思う程よく飲んだ。

やっと少し落ち着いたところで、展覧会場へ。
展覧会のことについては、別に書くので、
ここではRQの反応など。

色とりどりの電球を見て「ぴかぴか!」
奈良さんの絵をじーっと見ては、「バイバイ」と手を振る。
犬の彫刻には大喜び。
そして三沢さんの大きなキリンにびっくりしている。
「S,M,L」の「S」の部屋の、こどもサイズの椅子はいたく気に入った様子。
2Fでは、大きなお船も気に入ったけど、
パズルに夢中。(今、パズル狂でもあるRQ)
AtoZS小屋.jpg
AtoZパズル.jpg

RQには、この世界が、どんなふうに映っているのだろうか。
2歳までの記憶はほとんどなくなるというけど、
意識の深いところには何かが残るのだろうか。
覚えててほしいなんて思わないけど、とにかく見ておいてほしかった。
このA to Zという、たくさんの人の思いが詰まったポジティブな世界を。

そして外の芝生の上にある奈良さんの遊具「サーフィンドッグ」、
A to Zのアルファベット文字にちょこんと腰をかけたり
周りをグルグル回ったりして遊ぶ。
2日目にはお友達も来てくれて、
一人は山田スイッチさんとこの男の子、師匠。
RQより1歳年下なのに、大きさはほとんど変わらない大物。
なのにRQ、師匠をドツいて転ばせてしまったらしい…ごめんね!
愛情表現のひとつなんだけど、力の加減がまだわからず。
師匠とのご対面は、フォトグラファーの森本美絵さんが撮ってくれて、
そのうちlammfrommerに載ると思います。
2人でサーフィンドッグに乗ってるとこ。

もう一人は、1つ年上の、あかりちゃん。
2日目の夜に、近くのレストランで2人ではしゃぎ回っていたのだが、
微妙にRQがリードしたり、あかりちゃんがお姉ちゃんぶりを発揮したり、
とてもおもしろかった。
すっかり仲良しになって、サーフィンドッグに2人で腰かけてる姿は
「小さな恋のメロディ」みたいでたまらなく可愛い。
AtoZサーフィンドッグ.jpg

会場には、たくさんのこどもたちが来ていて、みんな楽しそう。
連れてきているお父さんやお母さんもハッピーな顔になっている。

さて、再びバスと飛行機に乗って帰路につく。
帰りはパパも一緒なのでちょっとラク。
生活時間がいつもとずれてしまって、疲れていると思うけど
RQにとって一番嬉しかったのは「ひこうき、のった」ことかもしれないけど
一緒に行けた私が、一番嬉しかった。
だからRQも嬉しいよね。
お疲れさま。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://artmama.lammfromm.jp/weblog/mt-tb.cgi/29

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 奈良美智+graf A to Z 開幕! <道中&RQ編>:

» 映像集】いつか見た黄昏の町〜AtoZ展を観に行きましたか? 送信元 あやしいふるほんやさん:アジアの迷宮
青森でやってた奈良美智さんの「AtoZ」という個展。彼の作品群の集大成として、ものすごいスケールで圧倒されましたが、こないだの10月22日で終了。地方で行... [詳しくはこちら]

コメント (3)

パズルで遊ぶRQ君を見て、何故か爆笑してしまいました…!
パズル、真剣にやってて。やっぱり子供って、すごい!

>一緒に行けた私が、一番嬉しかった。

読んでて嬉しい気持ちでいっぱいになりました。お会いできてとても嬉しかったです。(^-^)

きょうこ:

はじめまして。
今日初めてこのサイトに訪れました、きょうこです!
母親として、妻として、アートに携わる仕事人として、一生懸命に毎日を重ねていらっしゃる姿が想像できました。
しかし子連れとは思えぬほど、行動範囲が広くていらっしゃる!
私はまだ独身で子供もいませんが、いずれこじまさんのようにママとしても、仕事をする女性としてもなんとかやっていかれたらと思います。
アートの世界は初心者ですが、とても興味があります。
また遊びにきます、次の日記も楽しみにしています♪

こじまやよい:

きょうこさん、ありがとうございます。
いろんな人に迷惑をかけつつ、
なんとかやっております…。
でも、こどもから教えられることはほんとうにたくさんあって、
そこからまた新たな視点をもって、
アートとも触れられるようになった気がします。
きょうこさんもがんばってくださいね。

そしてスイッチさん!
ありがとうございます!
レクチャーのレポートもありがとうございました。
またRQともども一緒に遊んでくださいね☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)