小島やよいのアートママ奮戦記

« シアタープロダクツの現場@パルコミュージアム | home | 数は決まっちゃってる。 »

RQの泣きどころ


最近、テレビや絵本を見ていて、
悲しい場面とか、怒ってる場面、喧嘩してる場面とかが出てくると
「いやなの!」と言って見ようとしないRQ。
前は喜んで観ていたトーマスも、頻繁に事故や言い合いが出てくるので
今は絶対見ようとしない。


それと、「こわれちゃった」のが何よりイヤみたい。
その割には自分で壊すのだが…ミニカーを投げつけて、
「こわれちゃった」と泣きベソで
「なおちて、はやく」と持ってくる。
はては、おせんべいが割れると
「こわれちゃったから、食べない。ママにあげる」。
そのくらいならまだしも、
豆腐をスプーンですくう時にこわれた、と言っては
「ウエーン、こわれたの、やなの」…。

泣くな息子よ。
形あるものはすべて滅びる。

なんて大げさな話じゃなくて、
豆腐をかけらも壊さずに料理して口に運ぶのは難しいのよ!
ていうか、食べる時には壊れるんだから一緒なのよ!
と言いたいのをこらえて、

「あー、こわれちゃったねー、
でも、こわれてもおいしいのは変わらないのよー、たべようねー」。
ちょっとイライラ…
いや、これも修行で、すかね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://artmama.lammfromm.jp/weblog/mt-tb.cgi/57