小島やよいのアートママ奮戦記

« 夏への扉@水戸芸術館現代美術ギャラリー | home | お知らせ »

4月ですね!保育園も新年度のスタート。


保育園も、4月から新年度。
0歳児クラスから通っているRQは、もう3年目。
乳児クラスの中では一番お兄ちゃんとなるのです。
3月最後の日には、「一年間の思い出帳」を担任の保育士さんたちが
作ってくれて、たった1年前のことなのに、すごく懐かしく感じられて
我が子の成長への感慨もひとしお。
そして担任が替わったり、転園する人、入園する人がいたり
春だなあ。
と、桜の花びらがひらひらと舞い散るのを眺めながら浸っています。
いやいや、2年前はこんな余裕を(言葉の上だけでも)
かますことはできませんでした。
春になると思い出す…。


ところで、保育園と幼稚園の違い、知ってますか?
こどもがいなくて、自分が保育園に通った経験がない人は、
考えたこともないのでは?
実際、私がそうだったのです。

こどもは3歳あるいは4歳から幼稚園に通う、というのが一般的だと思われています。
でも両親とも働いている場合、お昼とか午後3時頃にこどもを迎えに行くのは
無理なわけで、幼稚園に通わせるのは難しい。
で、フルタイムでこどもを預かってくれるところは保育園。
ワーキングマザーには、保育園が頼りとなります。

幼稚園は、文部科学省の管轄で、「教育機関」。
保育園は、厚生労働省の管轄で、「保育に欠ける児童のための施設」。
だから、公立の保育園にこどもを入れるには、
「保育に欠ける」ということの証明が必要になります。
つまり、両親とも働いている、とか、通学しているとか、病気療養中であるとか。
そして「保育に欠ける条件」を点数化して、希望者に優先順位を付け、
順位の高い方から入園を許可する。定員に対して希望者が多いと、
それだけ「入園待機児童」が増えることになるのです。
条件としては、フルタイムで「正規職員」として通勤し、働いている人が優先されて、
私のようにフリーで、ある部分、自宅でもできる仕事とか、
フルタイムでない仕事の場合は、順位が低くなってしまいます。
祖父母と同居していて、保育に参加できる人がいる,
という場合も順位が低くなります。

私は産後すぐに仕事に復帰したかったので、保育園に入れる4月までの間、
実家や夫の母に頼んだり、「ファミリーサポートセンター」に登録して
紹介してもらったサポーターの方に週1〜2回、預かってもらったりして
凌いでいました。
そんな「実績」もあって、区役所の担当者にはなんとか必要性をわかってもらえました。
「フリーの仕事は、時間が自由になると思われるかもしれませんが、
寝ないで仕事をしていたら体を壊します。そして、会社なら他の人に替わって
もらえることもありますが、フリーだとそれはできません。
穴をあけたらもう仕事が来ないんです」と訴えて、担当者が家庭訪問に来た時も、
仕事で作ったカタログとか、書いた記事のコピーを渡したものです。
それほど必死で希望しないと、入れてもらえません。
そして、確定申告書類の控え。これを提出しないとダメ。
「本当に仕事をして収入がある」という証明にならないのです。。。

なんてことは、よくよく考えれば当然のことなので。
フリーのキュレーターとかライターなんて、
世間一般では、フリーターと扱いが同じなのである。

ということを、
役所の手続きとか、保育園の申請とかを通して、思い知った私。
親になって初めて、社会的な立場を自覚した私。
遅きに失した、とも言えますが…
もし親になっていなかったら、未だに自覚できてなかったかもしれない、
と思うと恐ろしい。
自分の未熟さを露呈してしまって、お恥ずかしい限りです。

さて、保育園生活のことについては、またおいおい、書いていきたいと思います。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://artmama.lammfromm.jp/weblog/mt-tb.cgi/69