小島やよいのアートママ奮戦記

« バリー・マッギー、蔡國強。6月の出会いに感謝。 | home | お知らせ »

オムツはなかなか取れません

3歳1か月を過ぎたRQですが、オムツは取れず、
相変わらず、ドラッグストアでオムツを買っています。
期間限定で150円引き!なんて表示を見ると、買いだめするべきか
とても悩む…。
最近、新商品でアンパンマンの絵が付いてるのが出たんだけど
そのテレビCMがすごい!

すごい、って、画面には、アンパンマンのオムツ(パンツ型)をはいた
RQくらいのこどもの後ろ姿が出てるだけなんだけど、
BGMに
シャム69の「IF THE KIDS ARE UNITED」が!
久々に聴いて母さん、ちょっと拳を振り上げたくなったよ。
それにしても、パンクの名曲とオムツ。そしてアンパンマン…。
商品名は「GENKI!」です。

<追記>サイトで見られるよ、と教えてもらいました!
何種類もあったのね…TVあまり見ないもので。なかなかかわいい。
http://genki-project.jp/pc/index.html


Kidsということで(?)使われてるの?
まあこの場合のキッズには10歳以上の年齢の開きがありますが。
でも、キッズを実際に赤ちゃんや小さい子どもたちと考えて
彼らが団結している図を想像すると、なんだか楽しい。

そしてアンパンマンも、テーマソング(『アンパンマンのマーチ』)の歌詞がなかなか深い。
「なんのために生まれて 何をして生きるのか
答えられないなんて、、そんなのはいやだ! 
たとえ胸の傷が痛んでも 愛と勇気だけが友だちさ…」
なんて。

でもこの新しいオムツ、高いんだよね…。

さてRQ、トイレでチッチ、はできるのに
気が向かないとトイレに行かないし、
ウンチはトイレでしようとせず、部屋の隅っこにしゃがんで
力んだりしてます。ムム…臭い。
まあ焦らず、気が向くようにしていって、この夏の間に取れたらいいかなあ。
と、のんびり母さんです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://artmama.lammfromm.jp/weblog/mt-tb.cgi/88

コメント (2)

山口 照子:

夕刊で拝見してよいお仕事をされていることを知って大感激です。
恥ずかしいことにキュレーターというお仕事を始めて知ったのです。
子育てにもお仕事にも今後のご活躍をひっそりと応援しています。今回かぎりお邪魔させてくださいね。
☆ヤマグチ☆

ご無沙汰してます!
RQくん大きくなりましたね。
我が家も夏だからおむつはずしたいなあ、と思ってましたが
まだまだ夢のまた夢です。
師匠は寝ぼけてトイレに行きたがるのですが、起きてる時にできないものは、寝ぼけても出来ませんね。

アンパンマンの歌は本当に、
深いですね…!
なんのために倦まれて、なにをして生きるのか。

アートに触れたい時、ここを訪れると静かに、アートの中心にあるような、大切な心に触れられるような思いがします。
素敵なレビュー、いつもありがとうございます。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)