小島やよいのアートママ奮戦記

« 草間彌生カフェ開店! | home | トイレ・トレーニングは新たな段階に入りました! »

「紺泉 ある庭師—多分のひととき」展@原美術館

8月10日に始まりました。
初日にはオープニング・レセプションも開かれ、夕涼みのように爽やかなひとときを過ごしました。

コーディネーターとして関わらせていただき、紺泉さん、美術館の方々と共に、
楽しい準備・展示作業をさせていただきました。
といっても、作家の真剣勝負そのものの制作やインスタレーションを、
ただ見守っていた、というだけなんですが…。
紺さんは、その美しく涼やかな佇まいとは裏腹に(?)骨太なアーティスト魂を持った人。
そんな彼女の魅力が存分に発揮された展覧会です。
カフェから庭のインスタレーションを眺めるベストスポット(ほぼ中央あたりの席)を
ぜひゲットして、「庭師のメニュー」のスウィーツをご堪能ください。
konsweetssneaker.jpgkonsweetsbroccoli.jpg

そして、会期中に描き進められる作品もあります。

8月31日(金)まで、と会期が短いので要注意です!
http://www.haramuseum.or.jp/generalTop.html

harabi1.jpgharabi2.jpg

実は私より先に、フクヘン鈴木芳雄さんがブログに書いてくださってます。
(すみません。。。)
http://fukuhen.lammfromm.jp/2007/08/post_122.html
そして、6月にはスウィーツの試食会のことも書いてくださっていたのでした。
ありがとうございます。
http://fukuhen.lammfromm.jp/2007/06/post_83.html#more

今回の展示と作品については、カタログにテキストを書いたので、
ぜひお買い求めくださいませ。(宣伝!)

2002年に出会って以来、紺さんとはずっと不思議なご縁があります。
16歳も離れてるのに、同い歳の子どもの母親同士、というのも不思議。
そして2人が関わる人たちに、だんだん子ども率が高くなってきている…
ということで、オープニングのときには特別にキッズ・コーナーを作っていただき、
子どもたちを遊ばせていたのでした。
haraopening1.jpgharaopening2.jpg


もちろんRQも大いに遊び、
後で「楽しかった?」と訊いたら「うん!RQびじゅちゅかんだぁい好き」とのことでした♪
そういえば彼の美術館デビューはここ、原美術館での奈良美智展オープニング、
生後3ヶ月のときでした〜。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://artmama.lammfromm.jp/weblog/mt-tb.cgi/96