小島やよいのアートママ奮戦記

« 2007年10月 | home | 2007年12月 »

アーカイブ:2007年11月

2007年11月16日

青木野枝「空の水」@HIGURE17-15 cas、開催中

80年代から彫刻家として活躍してきた青木野枝(あおき・のえ)さん。
空間を活かしたインスタレーションで高い評価を得ています。
一貫して鉄を素材にしてきましたが、近年は、ブロンズやガラス、
石けんなど異素材への取り組み、また版画やドローイング、コラージュの
作品にも力を発揮しています。

谷中、日暮里にあるギャラリーHIGURE17-15 cas(通称ヒグレ)と、
近くのお寺、養福寺境内で展示開催中の、青木野枝「空の水」展。
私,キュレーターとして関わらせていただいています。

キュレーターといっても、展示のディレクションはしていません。
青木さんが空間を見て,作品と展示プランを決め、
アシスタントとともに作品の搬入展示をされました。
それがスムーズに行くように、お手伝いをしたというだけです。
が、青木さんのお仕事を、ほんのわずかな間ですが間近で拝見し、お話を聞き、
アトリエに伺い、展示作業を見守る…という経験を通し、改めて、
作家が作品をつくること、
そして私のような者がその作品を紹介することの意味を考えています。

展示作業中、作品が完成する前から、その空間ががらりと変わり、
何かを呼び込んでいる、そんな光景にゾクゾクしました。
鉄という素材が、やわらかく、あたたかく、しなやかな表情を見せるのです。
ギャラリーには、鉄の彫刻のインスタレーションと、ブロンズ作品、版画作品を展示。
養福寺境内は彫刻の屋外展示をしています。
それぞれ、青木さんの魅力が十二分に発揮された空間になっています。

11月25日(日曜日)15時〜17時には青木さんとのトークを開催します。
展覧会は11月28日(水)まで。12時〜20時、月曜休廊(日曜はオープンしています)。
養福寺会場は17時までとなります。
ぜひぜひ、ご覧ください!
http://higure1715cas.bufsiz.jp/

続きを読む "青木野枝「空の水」@HIGURE17-15 cas、開催中" »

2007年11月17日

お知らせ

最近出たお仕事です。

10月27日付東京新聞朝刊 文化面で、
「メモリアルドッグ 奈良美智+graf A to Z」@弘前について書きました。
「メモリアル・ドッグ」についてはまた改めて!

11月10日付東京新聞朝刊 文化面展評で、
「六本木クロッシング」@森美術館について書きました。

それから…以下はまたずいぶん時間が経ってしまったお知らせですが。

続きを読む "お知らせ" »

2007年11月22日

お知らせ:『ぴあ』に村上隆インタビュー掲載


本日、11月22日発売の『Weekly ぴあ』11月29日号に掲載の
アートの特集記事「世界と戦うアート起業家 村上隆のネクスト・ステージ」。
村上さんのインタビュー本文ほかを書きました。
(c): copyright MURAKAMI @MoCA, LAも始まって早や1ヶ月…。

続きを読む "お知らせ:『ぴあ』に村上隆インタビュー掲載" »

2007年11月30日

トイレ・トレーニングのその後。

夏が始まる頃にスタートした、RQのトイレ・トレーニング。
季節は巡り、順調に、オムツを卒業しました。
と、言いたいところですが!
決して順調とは言えず、親子ともに忍耐の日々でした…
が、ここ1ヶ月くらいで、ようやく外のトイレでも
できるようになり、昼間は完全にオムツと離れました。

かれこれ5ヶ月。その、忍耐の日々とは…

続きを読む "トイレ・トレーニングのその後。" »