小島やよいのアートママ奮戦記

« アートママ対談エクストラ 第2弾です! | home | 101cm、15.4kg »

八谷和彦さんとの対談 upしました。

気がつけばもう5月も終わりに近い…
なんで!?と愕然としてしまうのですが
ただ、あたふたと過ごしているように感じる日々。焦る焦る!

さて「アートママ対談 エクストラ」第3弾は八谷和彦さん。
昨年2月に収録したので、写真を見るとまだ二人の子ども(同い年)が
バギーに乗ってすやすや寝ている。
すでに懐かしい!
もうバギーに乗らないですから。


ところでこのバギー、二人ともマクラーレンでした。
私はAir Buggyという三輪の立派なバギーを誕生祝いにいただいて、
折りたたみで軽量のセカンドバギーが欲しいと思い、
国産のに比べてしっかりした作りでデザインも良く、値段も手頃。
と思ってマクラーレンのvoloという機種にしたんだけど
八谷さんはさすが、やはり航空工学者が作ったイギリスのメーカー
ということで最初からマクラーレンに決めていたそうです。
(機種はquestだったかな)
私が買った3年くらい前は、取り扱いのお店も少なく、
色もあんまり選択肢がなくて、そういえば街で見かけるのも
麻布・広尾・恵比寿・代官山周辺に限られる感じだったのが、
その1年後くらいかな?急激に増えて、自宅の文京区周辺でも
よく見かけるようになり、「マクラーレン率が上がった!」と驚いたものでした。
しかも色やファブリックの選択肢といったら、
今でもつい、見かけると「え、そんな色もあるの?」と気になっちゃうのですが、
だってミナ ペルホネンのコラボレーションモデルまであるんだよ!いいなー。

ちなみにマクラーレン(MACLAREN)は、
世界で初めて折りたたみ式乳母車(ストローラーと呼ぶ)を開発したメーカーだそうです。
Voloはセカンドバギーとしてはまず申し分ないけど、
折り畳んだ時に自立しないのが唯一の不満かな。
でももう4歳になったRQは乗れないので。
そういえばAir Buggyの三輪バギーも最近増えた!
折り畳んでもタクシーのトランクに入らないし重いので、
もっぱら近所で使うだけでしたが、
「押しながらジョギングもできる」というだけあって安定感は抜群。
生まれてすぐ(といっても6ヶ月以降ですが)の赤ちゃんには、
安全性を優先したいから、これはよかったです。

今はもっぱら自転車(ママチャリ)と抱っこ。
そろそろ自分の自転車が欲しいと主張するRQ。
やっぱりバギーの頃が懐かしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://artmama.lammfromm.jp/weblog/mt-tb.cgi/127